Daisuke

記事一覧(13)

オルドス24時間マラソン

8月18日、19日に中国の内モンゴル、オルドスで24時間マラソン開催決定!様々な国際イベントに関わっているフランスのクリストファ氏によるとル・マンと同じように一人、二人チーム、五人チーム、十人チームのルールで行われるようです。沢山の日本からの参加者をお待ちしていますとの事。私も招待選手としてオファーを受けました。締め切りを二週間切りましたが、ちょっとずつ情報が出てくる状態です。是非、チームを組んで一緒に出場しましょう~!質問等がありましたらコメント、メッセージ下さい。翻訳して問い合わせいたします。https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01108312内モンゴル自治区のオルドスは新興都市で様々な国際イベントを誘致しているみたいですね。中国ですが上海、北京などと違ったイメージの都市だと思われます。主催者へ質問をしてみました。Qホテルはどうしたらいいですか?A試合中、組織委員会は外国籍の選手に宿泊を準備しているので、具体的なことが近いうちにあらためて知らせて致します。Q空港からの異動はどうすればいいですか?A選手が空港に着いたあと、組織委員会のスタッフが迎えに行って、そのあと試合所あるいはホテルに連れていく予定です。Q シングルは50名が最大エントリー数ですが、まだ空きがありますか?_A シングル組に参加することは問題ないです。Q グループで参加したいのですが、日本からの参加人数が少ない場合どうすればいいですか?A もし10人組グループができないなら、組織委員がほかの人数足りないグループに組み合わせることが協力させていただけます。Q支払いはどうすればいいですか?A現地でのお支払い可能です。

縁の下の力持ち

長良川カップでは毎年素晴らしいゲストたちが来日し、レースや講習会で素晴らしいパフォーマンスを披露してくれています。他国で行われているスケート講習会などにも参加した事が有りますが、日本のインラインスケート人口や規模で考えると、長良川カップはとても好条件で普通では体験できない素晴らしいイベントだと思います。私の仕事としては、来日してくれるゲストの選考と交渉。そして交渉が纏まった後にビザ発給の為の手続き等を行い、来日後は送迎、通訳、観光、食事のリクエストなどを聞いてアテンドします。海外アーチストを来日させるプロモーターのテレビを見たのですが、似たような仕事なんだと思いました。私は比較的表に出やすいポジションにいるので知っていた方もいると思いますが、毎回の長良川カップで完全に裏方に回って、海外ゲストのお世話をしてくださっている方がいます。岐阜県インラインスケート協会の内記さん、そして更に表に出てこない縁の下の力持ちがいます。「ワンさんタカさんご夫婦」です。朝早くから夜遅くまで、ゲストの送迎をしてくださったり、大会準備で忙しい中でも観光に連れて行ってくださったり、おいしくて楽しい食事会を開催してくれています。ゲストの皆さんは、そこで受けた「おもてなし」をイベント時に日本のスケーターの皆さんに還元してくださってるのかなと思います。